入れ歯

歯が抜けたまま放置してしまうと、その歯と咬み合っていた対顎の歯は咬む歯を失い、抜ける方向に少しずつ伸びてきてしまいます。そうすると、周りの歯とのバランスを失い、様々な悪影響を及ぼし始めます。そうならないように、歯の欠損部位には欠損形態に適した修復が必要です。その一つに入れ歯治療が挙げられます。
通常の入れ歯では装着感の悪さや吐き気を感じる患者さんも少なくはありません。そのような方には、床の部分を薄く製作することでそのような欠点を補う金属床の入れ歯も当医院では扱っております。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

入れ歯のメリット・デメリット

【メリット】
・手術を受ける必要がない
・比較的、安価・短期間で治療が可能
・大規模な歯の欠損にも対応できる
・保険が適用されるものが多い
【デメリット】
・装着時に違和感がある
・見た目が良くない場合がある
・グラついて安定しない場合がある
・正しい発音ができない場合がある
・食事後に外して洗わなければならない

入れ歯の種類

金属床
金属床
義歯の床の部分が金属でできた、総義歯です。プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。