歯周病治療

歯周病は治ります!! 永い間、歯周病は加齢現象の一つだと言われてきました。しかし、適切な治療とメインテナンスにより歯周病は治せる時代となったのです。現在、多くの研究により歯周病の病態解明が進み、歯周病の原因がはっきりしてきました。要は、その原因を除去するだけなのです。非常に単純なことなのです。口臭も多くの場合は歯周病を治療することで改善されます。

歯の土台となっているのは骨・歯肉です。その骨・歯肉が歯周病によりダメージを受けているまま、被せ物(さし歯等)が入ってしまうと、ぬかるんだ地盤に家を建てているようなものなので、当然長持ちしません。当院では、被せ物(さし歯等)を入れる前に徹底的に地盤を固める歯周病治療をすることをお勧めしています。この歯周病治療は、当院で最も力を入れている治療といってもいいかもしれません。

この歯周病をしっかりコントロールすることが歯科の治療を成功に導く上で最も重要なことだと当院では考えています。

ながら磨きについて

当院ではプラークコントロールを習慣づける最良の方法として、「ながら磨き」をお薦めします。
✠  プラークとは
プラークは実は食べかすではありません。例えるならばお風呂を流した後に残るぬめりと同じようなものと考えてください。このぬめりがプラーク(歯周病菌)です。
プラークは歯ぐきの際に多く、歯周病や虫歯の原因となりますので、歯ぐきの際を徹底して磨いてプラークを取り除きましょう。
✠  ながら磨きとは
洗面所で5分歯磨きをするのは辛いものです。また、歯磨き剤をつけて磨くとスッキリしてしまい実際には磨けていなくても十分な気になってしまいます。そこで、夕食後、就寝前に長い時間磨いていただくために上下顎15~20分、たとえばTVを見ながら、雑誌を読みながら、お風呂に入りながらの歯磨きをお薦めしております。

※すべての歯に対して歯と歯ぐきの間に歯ブラシの毛先が当たるように磨いてください。
✠  歯磨き時の出血について
プラーク(歯垢)は細菌(歯周病菌)です。慢性的に沈着しているので歯ぐきに痛みはありませんが充血します。そこに歯ブラシが当たると充血したところから血が滲みます。この出血は傷によるものではありませんので、出血の多い部位はより丁寧に優しく磨いてください。痛くない場合は出血を恐れずに磨いてください。
プラークの量が減り炎症が消失すると2週間くらいで歯ぐきが引き締まり出血しなくなります。
ながら磨きを習慣つけることにより、一生口臭の心配をせず歯の健康を保つことが可能になります。お口の健康を守るため、一緒に頑張っていきましょう!