顎関節症

口を開け閉めする際に顎がカクカクなる、口を開けるとき・噛みしめるときの顎・筋肉の痛み、口が開かない、等の症状が顎関節症の主な症状です。治療は、その症状や原因によって変わってきますので、まずは診査診断を行い、その個々に合った治療を行っていきます。詳しくは医院にお問い合わせ下さい。

歯ぎしり(ブラキシズム)

歯ぎしり(ブラキシズム)
顎関節症の原因の一つに、歯ぎしり(ブラキシズム)が挙げられます。
ひと晩のブラキシズムの回数は90分(睡眠の1サイクル)ごとに5回、各8〜20秒と報告されています。
睡眠中は大脳皮質の活動が抑制されるために、筋の過緊張が起きます。すると、力のコントロールがされず、異常な咬合力が発揮されます。その大きさは74kg/cm2に達し、意識のある時は最大でも12kg/cm2ですので、6倍以上の力がかかることになります。
寝ている間に疲労が蓄積され顎関節症を引き起こします。
スプリント(マウスピース)を作ることで症状の軽減が見込まれます。

咬み合わせ

咬み合わせ
咬み合わせは人体に重要な役割を果たしています。咬み合わせの不調和により顎の周辺の筋肉に余分な力が加わるため、顎関節症の他に「肩こり」「首のコリ」「腕の痛み」「目のかすみ」などが顕われることがあります。咬み合わせの診査も含めて顎関節症の診断を行っておりますので、気になる症状のある方は一度ご相談下さい。